膝 黒ずみ 取り方?

膝の黒ずみの取り方とケアについて

スポンサーリンク

膝の黒ずみの取り方とケアについて説明して行きます。
夏が来ると、短めのスカートやショートパンツを履いたりする機会が増えますが、自分のひざの黒ずみがチョット気になった事がありませんか?
膝の黒ずみをとる方法があるようなので、いっしょに見て行きましょう。
膝の黒ずみは、一日ですぐとれるものではありませんが、次の夏までには時間がありますので、今からケアを始めれば十分間に合いますよ!!
早速ですがやり方から説明します。
先ずその前に膝の黒ずみをとるには、スクラブで角質ケアをする必要があります。
膝は、古い角質が厚くなっていることと、色素沈着によって黒ずんで見えているので、スクラブでやさしく、古くて不要な角質を取り除き、新陳代謝の手助けをします。
古くて不要な角質をやさしく取り除いたら、顔と同じように、化粧水とクリームで保湿してあげましょう。美肌効果があるものがおススメです。
スクラブは重曹を使う方法がおすすめですが、お掃除ようではなく、食用の物が安心です。
ではやり方の説明です。
1、重曹大さじ1杯に、水を小さじ1杯程度加えて、混ぜ合わせ、重曹ペーストを作りますが、大さじ、小さじを間違えないように気をつけて下さい。
スポンサーリンク

2、膝の黒ずみが気になるあたりに、重曹ペーストを塗って、手の指のはらで、円を描くようにやさしくマッサージします。
3、洗い流します
4、タオルでやさしく水分を拭き取りますが、この時擦らないように優しく拭くのがポイントです。
5、顔とおなじように、化粧水で保湿した後、保湿クリームで保護します。
以上ですが、2週間に1度くらいが良いようです。
やりすぎは、肌が荒れたり逆効果になりますので、注意しましょう。
膝の黒ずみの原因は、「摩擦」「乾燥」「日焼け」、の3つだそうです。
1、「摩擦」膝が擦れると外部刺激から守るために角質が厚くなり、その刺激に反応して肌内部でメラニン色素が発生するので黒く見えます。
2、「乾燥」は、保湿によるお肌のバリア機能を低下させるため、紫外線などの刺激を受けやすくなります。
3、「日焼け」は、紫外線によりメラニン色素を発生させ、メラニン色素を発生させます。
ですので、「摩擦」「乾燥」「日焼け」、の3つから膝を守れれば黒ずみ予防にもなる訳です。
スポンサーリンク