ランニング 膝 痛み

ランニングと膝の痛みの関係は?

スポンサーリンク

ランニングと膝の痛みの関係は?
ランニングの際に、膝の外側が痛くなる症状の事を、ランナー膝(ランナーズニー・腸脛靭帯炎)と言います。
マラソンランナーなどが多く発症するもので、太ももの外側にある腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が膝の外側(大腿骨外側上課)と擦れることで、炎症を起こしてしまう症状です。
初期症状としては、膝の外側が緊張するようなきしむような違和感や痛みを感じます。
ランニング後などに痛みが現れて来ますが、休むと治まります。
症状が進行してくると、痛みはだんだん大きくなり、なかなか治まらなくなって慢性化してしまいます。
重症化すると痛みで膝の曲げ伸ばしが出来ないほどになり、膝を伸ばしたまま歩くといった状態になります。
痛みが発生するタイミングは、足が曲がった状態から伸ばした時です。ランニングなら地面を蹴った時に痛みが起こるようです。
スポンサーリンク

腸脛靭帯炎は陸上競技の長距離選手に多く見られるスポーツ障害ですが、最近のランニングブームで市民ランナーが症状を訴えるケースも増えています。
腸脛靭帯炎になり易い人の特徴として、O脚(内反膝)の人や、足の外側で体重を受けるクセのある人など、体重による負荷が身体の外側にかかる人がなり易いようです。
かかとの外側がすり減ったシューズをそのまま履いていたり、斜めに傾いた道路を走るのも良くないようです。
また、硬い路面や下り坂の走行、硬いシューズの使用も、負担を増す要因となりますので、避けた方が良いでしょう、
治療法としては、膝を使う運動をやめて、安静にして休む事が一番良いでしょう。
痛みが強い場合には、アイシングを施したり、場合によっては軟膏タイプの消炎鎮痛薬の塗布、消炎鎮痛剤の内服
症状が軽度であれば、しばらく休養することで痛みは解消します。痛みが強い場合は、炎症を抑えるために患部を冷やすアイシングを行ったり、シップや軟膏タイプの消炎鎮痛薬の塗布、消炎鎮痛剤の内服でだいぶ改善するはずです。
やはり、病院へ行くべき疾患です。
スポンサーリンク