膝 裏 痛い 子供

膝の裏が痛い、子供の場合は?

スポンサーリンク

膝の裏が痛いと言う子供の場合は、どう言う症状が考えられるのか見てみましょう。
2〜3歳の子供の場合、一番多いのは成長痛と呼ばれるものでしょう。
この世代は、第一次成長期にあたります。
身体に関しては、急激に身長が伸びる時期でもあり、骨の生成も活発になってきます。
骨の生成は、骨の両端で行われるため、特に膝には大きな負荷がかかります。
それで膝の裏、や膝全体がいたむようです。
ですが、子供の場合は足全体が痛く感じるようで、特に2〜3歳の小さな子どもの場合、患部の特定は難しい場合があるので、親御さんの観察が重要な訳です。
また、下に弟、妹が出来る頃でもあり、精神的にもデリケートなため、それが原因で泣き出し、膝の痛みなどにすり替える事もあるようです。
しかし、親御さんは自分たちで安易に判断しないで、念のために専門家に診てもらうのが一番良いでしょう。
膝内症の場合もあります。
膝内症とは膝関節ないにある部位のどれかに疾患がある場合の総称です。
スポンサーリンク

特に、子供に多いのは、半月板の損傷のようです。
膝を曲げた時に、その負荷で半月板にしわがよる事で痛くなります。
軽症の場合は膝サポーターで固定したら回復する事もありますが、重症の場合は簡単な手術が必要です。
手術としては難しくありませんので、医師に相談して見る事です。
オスグッド.シュレッター症病の場合は、小学校高学年の第2次成長期にみられる症状です。
膝のおさらの少し下の骨の部分が、ポッコリ膨らんで、押すと痛かったり、走ったり、ジャンプしたり、屈伸すると痛むのが特徴です。
基本的に使い過ぎによる痛みと言えるようです。
特に体の硬い子供に、多く見受けられるようです。
激しいトレーニングを控えれば成長と共に良くなってきます。
スポンサーリンク